眼精疲労は栄養成分で解消できる!眼精疲労を体内から改善させる方法

放置すると危険な眼精疲労は疲れ目の段階でケアを始めることが大切!

眼精疲労は栄養成分で解消できる!眼精疲労を体内から改善させる方法

目の疲れ

眼精疲労を解消する方法

眼精疲労を改善する方法として、目元を温めたり冷やしたりという方法があります。軽く絞ったタオルをレンジで温めて目元にのせます。次は冷蔵庫で冷やしたタオルをのせます。こうすることで血管が拡張したり収縮するため血流が改善し、疲労が改善します。次は眼球周りの筋肉を動かしてみましょう。目の周りの血流を良くすることで緊張している筋肉をほぐして柔らかくすることが出来ます。目の周りには眼精疲労に効果があるツボが集中しているので、軽く押してみるのもいいでしょう。

目元

眼精疲労を解消するために必要な栄養素

眼精疲労を改善する栄養素は3つあります。1つ目はビタミンAで、「目のビタミン」とも言われるほどです。目の粘膜を保護して網膜を健康に保つことが出来ます。チーズやニンジンやブロッコリーに含まれています。2つ目はビタミンB群です。ビタミンB群はエネルギー代謝に効果のある栄養素です。細胞の修復を促して粘膜を保護したり充血を防ぎます。豚肉やウナギ、豆類やレバーに含まれています。最後はビタミンCです。コラーゲンの合成に作用し、血管を強くします。イチゴやキウイ、柑橘類にたくさん含まれています。

疲れ目と眼精疲労は別物!それぞれの違いとは?

疲れ目とはなにか

疲れ目とは、パソコンやスマートフォンなどを長時間見続けたことによる一時的な疲労のことを言います。改善方法としては、睡眠をとったり目を休めることで自然と症状は回復するため、軽度の疲労症状のことを言います。

眼精疲労とは何か

眼精疲労は、目の疲れから来る肩こりや頭痛に吐き気などの症状が現れます。慢性的にこれらの症状が繰り返され、目を休めても症状は軽くならず、生活環境を改善しない限りこれらの症状が改善しないため重度の症状のことを言います。

広告募集中