将来安定を狙うなら中古マンション投資が俄然お得

男の人
  1. ホーム
  2. 選ぶなら中古です

選ぶなら中古です

男の人

不動産投資をするのであれば、中古マンション投資をしましょう。なぜならば、中古マンションは新築マンションに比べて価格が安く、値崩れがしにくいからです。これは価格の決定方法の違いにあります。新築マンションの場合、価格は積み上げて決めます。土地代や建築費用、広告費用、人件費、不動産会社の利益等が価格に反映されるため、価格が高くなるのです。一方、中古マンションはこれらの要素を全く考慮しません。投資利回りから逆算して価格が形成されていきます。そのため、新築マンションとして売れても、中古マンションになった途端に価格が大きく下がります。また、中古マンションであれば、管理状態も確かめることができます。マンションは管理で状態が大きく変わってきますので、管理実績のない新築マンションよりも、管理実績がきちんとある中古マンションの方がリスクが小さいと言えます。中古マンションには管理実績があるのですから、中古マンション投資をする際には、この点はきちんと確認しておきましょう。具体的には、大規模修繕工事を適正な時期に行っているか、エントランスなどにゴミが散らかっていないか、管理費や修繕積立金に滞納がないか、といった点です。これらの点がクリアになっていれば、中古マンション投資で大きな失敗をすることはありません。同じ不動産投資でも、新築マンション投資よりも中古マンション投資の方が、収益面、管理リスク等の観点からリスクが小さいと言えるのです。