健康的な生活で防げる~骨粗鬆症の原因と予防方法を把握しておこう~

骨折も引き起こす骨粗鬆症は、カルシウムを摂取して予防

骨粗鬆症ってどんな病気?

骨粗鬆症とは、骨の中がスカスカの状態になってしまい、骨の強度が下がって骨折しやすくなってしまう状態のことを言います。くしゃみやちょっとした段差を降りたときの振動で折れやすくなるので、日常生活も困難になります。

通常の骨折と骨粗鬆症による骨折の違い

通常の骨折とは

通常の骨折とは、外部からの衝撃により、骨が部分的若しくは完全に離断された状態のことを言います。通常は患部を固定して自然に完治したり、ひどい場合は手術によって骨折部分を治療していきます。

骨粗鬆症による骨折

骨粗鬆症による骨折で起こりやすい場所は背骨や脚の付け根や手首などです。特にその中でも背骨は起こりやすく、「いつの間にか骨折」という言葉がありますが、気づかないうちに脊椎がつぶれて身長が縮んだり背骨が曲がった状態になります。

健康的な生活で防げる~骨粗鬆症の原因と予防方法を把握しておこう~

ジョギング

発症した時に現れる症状

骨粗鬆症による骨折が発生した際に現れる症状が背骨が曲がる、腰が痛い、背が縮むの3つです。背が縮むという症状は本人ではなかなか気づきません。腰痛に関しても「歳だから」と勘違いされることもあり、レントゲンを撮って初めて骨折と気づくパターンが多いです。これら3つの症状が現れた場合や長期間腰痛に悩まされている場合は、一度整形外科を受診しましょう。

男女

発症する原因について

骨粗鬆症が発症する原因として、骨密度の低下です。カルシウム摂取量の不足により骨が弱くなり内部がスカスカな状態を作ります。それ以外で女性はある年齢を迎えると閉経します。この閉経により、それまで分泌されていた女性ホルモンが減少し、骨がもろくなってしまうのです。また高齢になればなる程運動をしなくなり、日常的にビタミンDが不足します。ビタミンD は骨の形成を促す栄養で、太陽光を浴びると体内で生成されます。

男性

骨粗鬆症を改善させるためには

骨粗鬆症を改善させるためには、治療が必要になります。整形外科による治療といてはカルシウムを補う事やこれ以上骨の強度を低下させないことです。骨粗鬆症の治療は普通の骨折とは違って治りにくいです。背骨が曲がってしまうともとに戻すことはできないため、治療をして今残っている骨をこれ以上折れないようにきちんと対策を行いましょう。

骨粗鬆症を予防する方法

骨粗鬆症を予防する方法として、若いころの過激なダイエットは控えましょう。カルシウムが不足し、骨がもろくなってしまいます。また食事からカルシウムを補うのが理想的です。3食バランスのいい食事と、運動をして刺激し、骨を強化することが大切です。

広告募集中